2008年04月04日

PRKとは?

PRK(ピーアールケー)とは

レーザーで角膜上皮を取り除き、
近視・乱視・遠視の度数に合わせてレーザーを照射します。
角膜上皮の再生までの間、角膜表面を保護するため、
コンタクトレンズを装用します。
コンタクトレンズは、
角膜の上皮が再生してくるまで装用します。(3日〜1週間)


PRK対象者


◎レーシックでは、フラップがずれてしまう可能性のある方。
(プロボクサーや格闘技を行われる方など
ハードなスポーツを行われる方は、
衝撃でフラップがずれてしまう場合があります。)

このような方は、フラップを作成しないPRKが適しています。

◎角膜が足りずレーシックを行うことができない方。
(フラップという蓋を作成するために必要な角膜の厚みを
 確保できない方でもフラップを作成しないPRKでは
 手術が行える場合があります。)


PRKの手法

prk_r12_c1.gif

手術の前に点眼薬で麻酔します。




prk_r12_c3.gif

角膜の表面から直接レーザーを
照射します。



prk_r12_c7.gif

保護用のコンタクトをはめる。





神戸神奈川アイクリニック 手術メニュー








posted by エピレーシック アイレーシック at 08:19 | ◆PRK(ピーアルケー)
アイレーシックは神戸クリニック
Copyright (C) 2006〜2015 神戸神奈川アイクリニックのエピレーシックとイントラレーシック.com All Rights Reserved.